Henry Purcell

Dido’s lament
Marianne Beate Kielland

この女性歌手,いい演奏しますね。
惚れてしまったあまり,通奏低音を guiter 用に編曲してしまいました。
「私のデスマスク(意訳)は忘れて。でも,私は覚えておいて。」世界共通の女心と思うのが男心かな(笑)。

バロック期までの西洋音楽の長足の発展は,石の教会の故と考えているのは多分私の他にもたくさんいるでしょう。教会→石の箱→倍音の発生→和音の発展 etcです。西洋人にアカペラを得意としている者が多い。例:クリスマス時期に軽井沢の恵みシャーレー(宣教師の訓練施設)では数名の西洋人が集まるとすぐアカペラが始まる。一方,構造物が紙と木でできている文化=日本ではアカペラまるで駄目(笑)。さわりを持つ三味線になった。

Music for a While
Sjaella

なんなんでしょう。この人たちのアカペラ巧すぎる!特に,右側中央の背の高い女性ボーカル巧すぎ。次に,地味だが右手前ですかね。他のパートで少し音を外すところはご愛敬だが(笑)。

ヘンリー・パーセルには,かなり好きな曲があります。
この十年間で 地味ーな(笑)パーセルがずいぶん youtube に up されたのは嬉しい限りです。

渋い室内楽も好きだし。
String Fantasia
の全曲と sheets を20~30年前くらいに手に入れたという人間はあまりいないでしょう(へへ)。

Welcome to All the Pleasures – III. Here the Deities Approve Funeral Sentences & Hail! Bright Cecilia
Philippe Herreweghe
半音階進行が巧いよね。
現在の古楽はこの人 Herreweghe

録音も up の状態も珍しく良いのはこちら。但し,抜粋のみ。

O solitude,my sweetest choice The Indian Queen
Anne Sofie von Otter
アンナ先生が theorbo をバックに古楽を歌ってる!きっと歌うもんがなくなったんだ(笑)。
でも,古楽をよく勉強した優等生の良さが出ている歌い方ですね。さすが。
インディアン・クイーンにこんな良い曲があったことに気がつかされました。

Chaconne in G minor

Pinchas Zukerman and the St. Paul Chamber Orchestra
このシャコンヌなんか最高。

イギリスには,パーセルとブリテンとエルガーしか音楽家がいないと酷いことを言う人もいますが,もうひとり,Frank Bridge がいる(笑)。渋くて良い趣味でしょう。


一時,Frank Bridge の室内楽に惚れ込んだことがあります。
String Quartet No. 1 in E Minor: II. Adagio molto


それにしてもイギリス人は音楽に対して不思議な対応をしますよね。
他の西洋諸国では,バロック時代に置き忘れてしまった ビオラダガンバやブロックフルーテが細々ながら生き残った。後者はかなり練習したものの前者は手に入れようといろいろ考えているうちに寿命が来そうですし(笑)。

Rondeau from Abdelazer ばかりではありませんね。尤も,この曲はパーセル作ではないというのが通説ですが。

Purcell も(続く)かも(笑)