Stabat Mater のこと

プーランクの項で Stabat Mater と名前の付く名曲群について触れましたが,Pergolesi の名曲で味を占めて,いくつの頃かも覚えていない大分前に Stabat Mater という名前の付いた CD を買い漁ったことがあります(笑)。ほとんどが大当たりでした。

Giovanni Battista Pergolesi
Ensemble: Ricercar Consort
Conductor: Philippe Pierlot
言うまでもなく,スターバト・マーテルというと真っ先にこれが思い浮かびます。
ペルゴレージュは,もう少し長生き(結核で26才で昇天)すれば Bach に並ぶような名声を後世に博しただろうに誠に残念。

Domenico Scarlatti
BBC Singers
Conductor: John Poole
スカルラッティも珍しく感傷的な名曲を書いています。

Antonio Vivaldi
Andreas Scholl – Countertenor
Chiara Banchini
カウンターテナーであるショルの古楽様式に準拠した歌い方にも好感が持てる。この人若い頃は声の良さだけで勝負している人でしたが精進したんでしょう。本当に巧くなった。偉そうに(笑)

Joseph Haydn
The English Concert & Choir
Dir.Trevor Pinnock
ハイドンも書いてますね。

Antonin Dvorak
Nikolaus Harnoncourt conducts
the Arnold Schoenberg Choir and Chamber Orchestra of Europe
天性のメロディメーカーの旋律が美しいのは当然。

Karl Jenkins
by Karl Jenkins.
ジェンキンズの説明は不要ですね。
但し,あんまり演奏も録音も良くありませんが。

Marco Frisina
現代人です。wikiによれば,「1954年12月16日,ローマ生まれで,イタリアのローマカトリックの司祭で作曲家です。彼はバチカンの牧歌礼拝センターの所長です。」とありました。
これは知りませんでした。現代のローマカトリック教会侮るべからず。バチカンの聖職者までがこんな立派な曲を書けるとは。
Stabat Mater という呪文の類い希な魔力のお陰のように見えます。異教徒からすると(笑)。というか聖書というおとぎ話の中の唯一最大の子供を喪った母性への哀れみという普遍的なものの力でしょうか。
リリースは 2003年とのこと。
詠唱は地声で歌わせていますね。凄くぐっときません?

Arvo Part
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
Con Kristjan Jarvi
Arvo Part の説明も不要ですね。

Agostino Steffani
Voices of Music
Hanneke van Proosdij and David Tayler
Directors
この人も曲も知らなかった。悪くない。

Zoltan Kodaly
コダーイも書いてる!調性豊かで,なかなか良いな。
コダーイと言えばバルトーク・ベラの盟友で Sonata in B minor for solo cello, Op.8 などというバリバリの現代曲を書いているとしか私の頭にはなかった。こんな曲(LPを持っていた^^;)誰も知るまいと思っていたのですが我ながら古びたな(笑)。

Giuseppe Tartini
この人も曲も知らない。
Released on: 2013-01-01 ですもんね。CDの買いあさりは終わってました(笑)。

Paul Mealor
この人も曲も知らない。スターバト・マーテル,果てが見えません。恐ろしい(笑)

その他
Palestrina
Gioachino Rossini
Szymanowski