☆ コンピュータ&プログラミング

嘗て,弁護士会の図書室の蔵書の管理用として,図書の貸出,返却,督促の管理をデータベース言語でプログラミングしたことなどもあって,私の趣味は,コンピュータやプログラミングだろうと言う知人もたくさんおりましたが大間違いです(笑)。こういう没趣味なものは余技の程度で十分でしょう。それに,今は,アナログ技術の時代でしょう?

公務員になる前は,上記のとおり,データベース言語を操って図書館用各種管理(FAXモデムを自動で操るとかも)ソフトを作ったり,Linaxサーバーを作ってPerlでサーバーのデータを検索させてクライアントで表示させるなどの試みもしましたが,この余技も人使いの荒い公務員生活を10年間もやっているうちに時代遅れになってしまいました。手作り感あふれた(笑)成田印旛法律事務所のサイトも私の自作ですが,もともと「インターネット?。塵芥が100万個集まっても塵芥だろう。」と傲慢なことを言ってhtml関係の技術は満足に勉強せず,趣味仲間から請われて,10数年前にそれ用のサイトをホームページビルダーで1度作ったくらいですので,事務所サイト作成も結構苦労しました。特に,cssファイルの文法がいまいち分からない,Perlの書き方もぽっと忘れてしまった,PHPって何,というていたらくです。

当サイト(スマホ&PC兼用のサイト)も WordPress と bizvektor のテーマを使用して作りました。すごく楽でいい,第一携帯端末用のサイトを別に作る必要が無いのがとても楽です。但し,WordPressのeditorは最低の出来です。verupごとにそれが酷くなるなんてなんでしょう。このブログの体裁がおかしいのはそのせいです(^^;)

☆ 音楽

この分野は,間違いなくおたくか廃人のレベルです(苦笑)。

楽器(ギター,横笛,縦笛)を演奏するのも,聞く(特に,BachとFaureのおたくです。)のも好きです。若い頃から,結構,いろいろなことに手を出し,また,いろいろな楽器を触りもしましたが,歳を重ねても変わらないのはこの趣味だけです。ギターは,13歳の頃から始めました。もともと,小学校に入る前からヴァイオリンを習わせてくれと母親にしつこく懇願していたような子供でしたが,「めったに駄々を捏ねない息子に強請られたが,その頃,ヴァイオリンを習わせようと思うと東京へやるしかなく,小さな息子を何時間もかけて東京へやるのは無理だと思って断念させた。」と一昔前の有様を死んだお袋様がよく言っていましたが,その頃からVnをやっていたなら,きっとこんなヤクザな仕事(笑)ではなく,どこか2流のオーケストラの第2ヴァイオリンピットの末席あたりにリストラにうち怯えつつ座りながらも,きっと美しい生活をしていたに違いないと思います(笑)。

music01

そんな下地から,ブラスバンド仲間に影響されて中学2年生の時から始めたギターは,いささか卑俗な楽器でないかという劣等感に苛まれながらもはまり,一時はプロを目指し暇なときは1日10時間も練習に励んでいたこともありましたが,大学生の頃,腕のよい若手ギタリストが多数輩出して,「あっ,オレの腕では到底追いつかんわ」と,遂に断念に至りました。

その後,大学2年生の頃に音楽への想いと切り離しがたい哀しいことがあったり,30代になってからはギターを弾いていると小さな邪魔者が這い這いしながら演奏の妨害をしに来ることなどもあってなかなか練習もおぼつかないありさまで,再開したのは30代半ばくらいでしたか。

img731 <可愛い邪魔者>

この十数年間のブランクの影響は大きく,例えば,早いパッセージでの右手の正確性が欠けていて,若い頃は,H.Villa-Lobosの練習曲1番をすらと弾きこなしていました(本当か)が,現在では時々ミスります(時々か?笑)。
今まで,いろいろな楽器をかじったあげく,この楽器に戻ってきましたが,この楽器は直接弦に触って音を出すという音色や音程を演奏者がコントロールできる旋律楽器であり,また,和声楽器でもあるので,一人で十分楽しめることと,いつの時代でもたくさんの作曲者が湧いてきて,「わお」と思う曲を書いてくれるというこの楽器の性格から,今ではつくづくこの楽器を選んでいて良かったと思っています。

現在(H28.6),良く弾いている曲(または弾けるような努力をしている曲)は以下のとおり。いずれも名曲又は弾いていて楽しい曲ばかりですが適当にゆっくりな曲ばかり(笑)。
なお,いずれも作曲者又は編曲者が現代人ですので,著作権の制約から,ここから皆様に私の演奏をお聴かせできないのが残念です,と言っておきましょう(笑)。

Eduardo Sainz de la Masa  Platero y yo Suite
William Croft原曲(但し,Purcell作とよく間違われる) Richard Yates(編曲)     Ground in C Minor
Nikita Koshkin Usher-Valse
Alexandre Tansman Passacaille
タンスマンは,極くオーソドックな古典的といっても良いくらいの名曲を何曲を書いていましたが,歳を経る毎に古き良き時代に遡っているようです。これなんか対位法を駆使した私好みの名曲ですが,トレモロ部の直後の早いパッセージ以降難曲です。残りの生涯かけても弾けないでしょう(苦笑)
Francis Kleynjans    Lamento
同          Tristesse
同         BarCarolles Op.60 No.1
Carlo Domeniconi Koyunbaba
Roland Dyens    Alba nera
Sergio Assad  Aquarelle

Jose Maria Gallardo del Rey
alofornia Suite
1.Preludio
2.Allemande
3.Sarabande
4.Vals

このスペインの作曲者は,以上の曲を聴けばおわかりのとおり,しゃれた曲を作りますが,あまりに軽いので,一度弾けば「もー,いいや」で終わりになってしまいますが,珍しくちゃんと才能を発揮した曲↓を書きました。あまりに泥臭い4楽章を除けば(笑)。
            Pequeño Vals Vienes
            Pequeño Vals Vienes
            Jose Maria Gallardo del Rey
            但し,vn との二重奏ですからね。こんな曲を弾いてくれと言う演奏相手を探せません(笑)。それに結構難曲です。作曲者が指が痛いわという感じで手を振って疲労を取っているのが分かるでしょう。
            こちらの vn の方が腕前は上のようだが,guiter が物足りない。
            Polina Babushkina(violin)
            Gennady Babushkin(guiter)

Claudio Decorti  Waves Dance

それと,これは内緒ですが,結構,Joao GilbertoのようなBossa Novaの弾き語りが巧い(本当か。笑)。Antônio Carlos Jobim の 半音階進行の名曲 Insensatez を Astrud Gilberto が低くハスキーで少し調子外れに歌うのに憑かれていたのは,ませガキの頃です(このLPを聞いていたのですから小6のころですね。^^。なお,この曲(Manha De Carnaval)の guiter 伴奏のアレンジは秀でておりこれだけのもはなかなかお目にかかれないことがお分かりですか。)。最近感心した歌姫のものもどうぞ。
Insensatesでは年齢相応に古い(笑)と言われかねないので,最近感心したボサノバを引用しておきましょうか。
samba de verao
by nossa alma canta trio
このくらいの演奏ができる仲間が欲しいところですね。
これも古い?サマーサンバの初出は1960年代ですからね(笑)
このふたりとんでもない才能の持ち主ですね。イタリア人のようです。
じゃあ,これでは?ボサノバなの?ええ,ますます歌いづらくなってますが間違いなく(笑)。
Grazielle D’ Carvalho
もう,少し。
Eu quero um Samba
doralice
estrela
doce balanço
Yemanja
この前後はサンバというかボサノバというか(笑)
E Preciso Perdoar
有名な曲ですが,不思議なアレンジですね。少しジャズ臭いとこがあれですが(笑)。
Pra Machucar Meu Coração

In Your Eyes
by Nossa Alma Canta
誰の作曲家か。これもボサノバとは言いがたいのですけど。

ボーカルの Rosa Bittolo Bon の若い頃からのyoutubeを当たってみたところ,元々,才能があったことは分かりましたが,驚くはお歳を召す毎に巧くなる。精進,なんて言葉はしゃれたボサノバには合いませんがそう思う。まず,音程とリズムの確かさ(ボサノバではこれらがかなり難しい。)また,少し声量を抑えた歌い方,極く控えめなそれでいて効果的なビブラート,時々嫌みなく掛けてくる軽い装飾(どこだか気がつきますか^^),ほんと上品で知的な音楽であるボサノバの理想的な歌い方をしてます。

Reneto Greco のguiterだって,ただものではない。
この曲(Eu quero um Sanba)が E7/9とB6/9/F# の繰り返しになっているだけで,少し偏位しても根音が Bの和音と Eの和音に終始していて,最終段落で基調和音が G#m C#m になるだけなので,さすがの神様(Joao Gilberto)の演奏でも少しダレぎみ,同じ和音をただぐるぐる回すだけの jazz みたいなって感じになっているのですが(ボサノバの神様やjazzにこんな罰当たりを言うと激怒されるかな各々の信者に ^^;)そこで,リズムをいろいろ変え(ボサノバは可能です),または和音を分散和音にするなどして飽きさせないようにしていますね。
そも頭の部分が原曲の最終章節から始まっているのも,なんてことはないかもしれないがアドリブの一部ですよね。

Samba em Prelúdio
Artist: Jazzilian
Music By: Baden Powell
バウデン・パウエルも粋な曲を書いてますね。見直しました。サンバというよりジャズに近い。
こういう編曲ならジャズも悪くない(笑)。ジャズのアドリブを除き(笑)。
wiki によれば,”composed in 1962 by the Brazilian guitarist Baden Powell and the composer Vinicius de Moraes”と書いてありましたから,あのモラエスが作詞しているようですね。不明を恥じるというところ。
演奏家は,皆,年寄り(笑)ですが,達者ですね。サキソフォン吹きは同時にアルトフルートも吹いてますし,ピアノ弾きは文句なく一流です。ハイポジションで難なくベースを弓で演奏するなんぞも一流奏者の証ですし,ギター弾きはジャズの一流演奏家だそうです。vocalは,ポピュラー歌手にしてはもったいないくらい素敵に巧いし,ドラムもなにげに巧い。私がジャズ演奏家に疎いだけですが聞いてるだけでもかなりな名人ばかりなのではないかと。

貴方なしでは私の愛はからっぽだ。  モラエスの詩は高尚すぎるので私なりの超意訳を(笑)

    もう少し時間を
    君の中には楽の音が一杯詰まっている。
    小さい娘には,バッハやベートーベンが詰まって溢れていた。
    利発な少女の君には,その指から月の光が溢れてこぼれていた。
    そして,今,僕のギターに乗せてサンバやボサノバが素敵に大人になった君の口から溢れ出す。
    ああ,でもピアノが途切れるほんの少しの間,わずかに君の喉がかすれているのが聞こえる。
    ギターのミロンガのリズムに狼狽を聞き取り,僕のまなざしに,大丈夫よまだと片目を軽くつぶる君よ。
    この世に永遠などないが,もう少し時間をくれ,神というものがいるならば。
    お願いだ。もう少し時間を。

MARIA CREUZA にも歌わせましょう。
マリアは,歳を重ねるほど余計なものをそぎ落として素直に歌うという希有な歌手。”Apelo”の歌い方の変遷(以前の歌い方は,<中年女のあざとさ,未練がたっぷり…>やめましょう(笑))を聞いているとそう思う。この歌は一言で言えば女が離れていった男を求める(アピール)という詩ですが,これもモラエスが書いているので極めて哲学的?で,もって回った詩ですから激情を押さえてそっと歌うべき曲ですから。
歌うということが何かを知っている歌手ですね。17年前には単純にブラジルの美空ひばりだと思っていたのですが見損なっていた。すごい。率直にそう思いますね。と書きましたが,久しぶりに彼女の演奏を漁ってみましたが,うーん,「中年女の」と行きつ戻りつですね(苦笑)
彼女が歌うこの編曲は,対位法のように旋律を重ねるという聞き手をうならせるようなしろものですね。こういう演奏を聴くと,どこぞのしゃれた穴蔵で guiter 片手に爺も歌ってみたくなりますね(笑)

Laura Vall
ラウラもお年を召して変なお色気を前面に押し出した歌い方ではなく素直に歌うようになったようだ。旨くなった。
うーん確かに
彼女は旨くなったゾ。
Senhorinha (Guinga composer)という曲は我がレパートリーにはありませんが、いい感じだ。
もともと才能のある歌手ですから,変なお色気を出さなければよいのです。片やマリア・クラウザは努力の人です。若いうちはその美貌だけでやっていた人で彼女の若い頃の歌は聴けたモノじゃない(笑)。精進を重ねてここまできたのは,並の努力ではありませんが,ラウラには天性の才がある。音程が微妙におかしくなるようなところ↑でもしっかり自分の音程を維持している。ただ,鼻ピーは勘弁(笑)。
歳をとるほど旨くなるというのは我が邦にはない成熟した芸を聞いて言祝ぐ人間が相当数後ろにいるということですね。

    Coração VagabundoCoração Vagabundo
   Caetano Veloso Composer
   彼女の才能がよーく分かる曲
    うまいんだけどな。鼻ピーのイメージが(笑)
    他の演奏者は,全員,超一流ですね。

    Coracao Vagabundo
    この曲を本物の神様の演奏で聞いてください。高校生の頃,随分真似ようと思って練習したが話にならなかった。文字通り天才の技です。 作曲者の Caetano Veloso は,才能のある音楽家ですが軍事政権に対し反対活動をやったものだから逮捕されたり,出国を余儀なくされたりで,作曲活動が十分にはできなかったようです(>_<)。

Agnès Jaoui
もうひとり私好みの歌手を発見
途中から入ってくるマリア(Maria Bethânia)の歌声が邪魔になるほど。
調べたらフランス人で,コンセルヴァトワール出の俳優,監督,歌手と出色の才能の持ち主らしい。アルバムも fado なども含むかなり普通でない曲ばかりだ。
嫌だねこういう何でもできる才能のある女ってのは(笑)
でも,音程が微妙に揺れるところがある。これかクラシックのプロにならなかった訳は(笑)。ただ,わざとやっているとすると完全に脱帽ものですが。
guiter の伴奏もしっとりとして美しい。

E Poi Che Fa _そして何をすべきか。_
vocal:gabriella cascella
もうひとりいけてるナポリ?の歌姫を見つけてしまった。
若いか?それはどうでもよいことだが(笑)。バンドはナポリ人で構成されている。
世界的にアニメ声が流行っているのか。ガブリエラの歌声だけ聞いているとナポリのちびまる子がボサノバ歌ってるわになる(笑)。
作曲者は,このバンドのギタリストかな。ドラムも文句なしに上手いというか独創性がある。才能のある若い連中が集まったようだ。
バスギターが弱い。但し,これは youtube up の問題か。それとジャズに流れそうなのが怖い(笑)。ボサノバの流行が終わってこのかたブラジルではサンバのように泥臭い曲かロックのような曲ばかりだったが,好みの方向へ行くかいな。
bossa nova はブラジルの国民的音楽と誤解される場合がありますが,全然,違います。ごく少数の洗練された有能な作曲者がわずかにいるだけです。彼らが歳を取ったり死んでしまえばそれでおしまい。底が浅いのです。

どうもイタリアから目が離せない。と,書いてみたが, youtube にある限りこのアルバムを聴いてみたが,古い曲が多くまたそのアレンジも新味がない,新しいアルバムも2014年に1枚だけしか出していないようですし。ナポリのちびまる子たちはどうなったのか。

MILLIMETRI
これも良い。ナポリのちびまる子が大人の娘になったか(笑)。
やはり,ドラマーに相当な才能がある。ただ,ほとんどジャズだ(笑)。だから流行らないのだ(笑)。

Diagonal del mar
西洋人は老けるのが早い。もう中年 non いい女系のナポリのちびまる子だ(笑)。

違った色合いのボサノバの演奏を
Triste
Tom Jobim(composer)
by Elis Regina
↑テレビのインタビューで軍事政権を評して「ブラジルはゴリラに支配されている」と言い放ったことで有名な歌手。小気味よいこの音楽家も若死にです。

Falando de amor
もう一曲しっとりとした名曲を
Tom Jobim(composer)
若い頃の演奏に取り替えました。それでも本当に彼の歌は下手ですね。どっか田舎の村長さんが歌っているような(笑)。味はあるんですが。
我が邦の歌姫の演奏も載せておきましょうか。

Eu Sei Que Vou Te Amar
by Paulo Sergio
こういう曲を聞くと Jobim は天性のメロディメーカーなのがしみじみ分かりますね。なお,この曲も Bach のパロディです。
このバックのギターの正体がわからない。

Rapaz De Bem
Vocalist: Leila Pinheiro
Composer: Johnny Alf
珍しい曲。
ボサノバの嚆矢とされる曲,但し,確定的な考えではない。確かにボサノバの母であるサンバに近い匂いがする。

bahia com h
Denis Brean
聖なる地バイーアとそこに住む女たちへの讚歌と形容すると身も蓋もないか(笑)

☆ 園芸

実家に戻る前にいた自宅では,結構,庭が広かったので,園芸に精を出し,カレル・チャペックを気取って土いじりを繰り返していました。

IMG_0199

☆ 山登り

20代までは,北アルプスや南アルプスなど,結構,高い山や深い山に登りましたが,30代半ば以降は,温泉好きの友人たちと山登りを繰り返すようになり,ほとんどの東北の山≒温泉を巡ったあげくには,温泉(金曜夜)→山登り(土曜全日)→温泉(土曜夜)であったのが,土曜日の朝,誰かが「おい,(登らずに)下山先の温泉にタクシーで直行しようぜ。」と言うのを心待ちにするようなていたらくに(笑)。

mt1

<朝日連峰>

☆ 料理

料理は,甲府に修習生として配属された後,はまりましたが,イタリアン,中華(四川),韓国,フレンチ,日本,無国籍料理の順で修練し混沌化しました(笑)。

まだまだ,あるんですが(笑),そのうち。