道草 クロスオーバー

歌手編
クラシックの歌手が地声で通俗歌謡を歌う編

20年近く前,これに一時嵌まったことがある。

歌手の名前を挙げると以下の通り。
但し,どれもこれも名曲だから youtube に up されているものは皆音質を落としている。
一応,どの歌手もクラシック歌手としてのキャリアに敬意を表して,クラシックも含めた。但し,ジェンキンズのように既にクラシック歌手とはいえないような歌手もいる。

□ Katherine Jenkins
純クラシックの曲を探すのに苦労した。
とりあえずこれ↓
Samuel Barber: Agnus Dei, Op. 11

いわずとしれたバーバーの弦楽四重奏曲の声楽アレンジ版である。但し,この曲の名演はいくらでもある。
例えば,ルッターが指揮している
John Rutter, The Cambridge Singers

彼女のアルバムで最も出来が良いと思ったのはこれ↓である。但し,最近のものは聞いていない。
Album: Sacred Arias
そのうちのいくつかを拾った。但し,別のアルバム収録のものもある。
Panis Angelicus
Abide With Me
Pie Jesu (from “Requiem”)
The Lord is My Shepherd
May The Good Lord Bless And Keep You
どうも私の幼い頃,キリスト教の牧師に接触していたせいか(近くに教会もあります),こういうキリスト教徒が言祝ぐ曲に弱いらしい。但し,今では罰当たりの無神論者ですが。
もちろん彼女の演奏の中では最高なのも間違いない。

但し,クロスオーバーの歌手のCDで彼女のものが一番多いがそのうち飽きてしまった。
大体,私は声でシャンデリアを割ることができるわと自慢を言う人柄が鼻持ちならなくなくなった(笑)。演奏も雑になってきたし。

□ Renée Fleming
R Strauss “Morgen”
この恐ろしく繊細な曲は誰が演奏すべきか。
彼女のモルゲンは私の中では4~5本の一角を占める。
もう二人は以下のとおり。
Barbara Bonney
Dietrich Fischer-Dieskau
3人目 Arleen Auger は既出です。
4人目を加えるとこの方↓
Janet Baker
by Gerald Moore
但し,録音最低です。EMI の CDも同じ。録音が古すぎるのでしょうか。Gerald Moore の piano の音(この曲を評して「壊れものにつき、取扱注意」とムーアが述べたことでも有名です。)はよく聞こえますが(苦笑)。

本来この詩だと男性歌手が歌うべきものだと思うのだが芳しい演奏がない。フィッシャーディスカウ&ムーアの演奏も録音が良くない。

しかして,この曲も以下のマリエッタリードにしろ指を回すといった技術は簡単である。ボーカルは高音hが出てくるなど素人には手に負えないが,そのような点を除くと簡単である。でも,こういう簡単に見える曲を生み出すことにしろ演奏することにしろ容易でないところが摩訶不思議で興味深いところだ。
人類が生き残る限り演奏され続けるに違いない。

カラオケ版
KMP MUSIC
さすが名曲中の名曲だからカラオケもいっぱいある。そのうちの一等賞がこれでしょう。
そこのあなたもどうぞ(笑)

また,彼女はフォーレなんかを歌わせても達者なものである。フレミング流フォーレになっている(笑)。但し,フランス語の発音は怪しい(笑)。
Rêve d’amour, Op.5

但し,この歌手もクラシック歌手よりはジャズ歌手の方がより似合うだろうという感じがする。
例えば,この曲↓を初めて聴いたときは背筋がぞくぞくしたものだ。
Haunted Heart
言うまでもなく Fred Hersch の名曲。

これも良いな。
You’ll Never Know
Alexandre Desplat(composer)

但し,音質を落として up しているようであるから是非 CD を入手してください。なお,このアルバムの他の曲はぱっとしないが(笑)。

□ Anne Sofie von Otter
私は,彼女の学校の先生的なところが気に入っている(笑)。演奏を聴いているだけで頭の良さがひしひしと伝わってくるし。

ベストの曲はいくらもあるがクラシックではこれかな。あの Marietta’s Lied である。ほとんどハリウッドの映画音楽というかその元祖である。
Korngold: Die tote Stadt

    こちらもよい。
    Erich Leinsdorf
    René Kollo
    Carol Neblett
    グリア・ガースンに似ている(笑)Carol Neblett が文句なくうまい。

オペラのアリアである。死んだ女(女房)とそっくりの女(あばずれ)との間で引き裂かれる哀れな男の物語と書くと身も蓋もないか(笑)

世俗歌謡のおすすめはいくらもあるが。シャンソンを歌わせても文句なく上手い。
Avec le temps
Composer: Léo Ferré の名曲である。
 Love songs というアルバムは2枚組であるが文句なく良いできである。2枚目はいずれも(確か:笑)pianoの Brad Mehldau の作曲した曲であるが悪くない。
Pierre
Dis, quand reviendras-tu ?
Göttingen
I Let The Music Speak
ABBAのような自国の曲↑も上手い。
Chanson des vieux amants
Andersson: Like An Angel
The Winner takes it all

□ その他歌手
Vocalise
Rachmaninov
by Sabine Devieilhe
この曲も映画音楽に使われてますよね。
ザビーネの演奏はあまり良くない。まあ,見てくれで選びました(笑)
ラフマニノフに申し分けない。

Natalie Dessay
やはり,こっちがラフマニノフに相応しい。

□ Piano 編
Mariage d’Amour
by LOLA ASTANOVA
この曲ならば,アマチュアピアニストでも楽々弾けるでしょう。無料の譜がサイトに転がっています。
作曲者の Paul de Senneville は,ライトミュージックの世界では有名人のようです。知らなかった。
但し,ライトミュージック+半裸の演奏家だと,クロスオーバーにもならないような気が(笑)
もっとも,クラシックの演奏家でも半裸の演奏家は一杯いますからね。
うーん,LOLA ASTANOVA の他の演奏もざっと聴きましたがどうだろ。彼女はかなりな有名人のようですが,演奏技術にも難があり,また,この演奏を除き深く聞かせるような演奏をしているとは思えませんね。
まあ,良くあること。

Liebestraum No. 3
Franz Liszt
by Khatia Buniatishvili
これをクロスオーバーなどというと怒る人がたくさんいると思う。
でもこの曲って,クラシックにまるで無知な人に聞かせたら絶対「映画音楽」て言うよね。まあ,中間部に超絶技巧的なものがあるのはリストらしいが。
この曲を演奏するならこの人ですよね。ほとんど見てくれも映画女優ですね。
演奏の腕前は?言わない,言わない(^^;)
昔,昔,ある人(ピアノ弾き&ハーモニカ吹き)にリストのカンパネラの譜を贈って顰蹙を買ったことがある(^^;)。

Bach “Air on G String”
これも映画音楽だろ。昔,笛のアンサンブルで Vn パートを吹かされたが結構難しかった。
guiterist は音価一杯に音を伸ばすのが苦手だからこういう曲は落ちやすい。しょうもない弁解です(笑)。中学生の時に,この曲に相応しい楽器も持っていない(ギターとトランペットじゃね)くせにこの譜だけは持っていたのに(苦笑)。
もしやと思って youtube を漁ったらプロでもこの名曲を結構いい加減に弾いている人間が多い。プロなんかやめちまえですかね。

Elegy Op.3
Rachmaninov
by Irina Lankova
映画音楽に採用されたことがあってもおかしくない曲
この曲は指が長くないと美しく弾けないらしい。
ラフマニノフは大男だったし,指も長かかった。
イリーナも背が高いよね。指も長く美しいし。指フェチです(笑)

Vyacheslav Gryaznov
こちらの演奏もすごい。よく考えられていて細部まで緻密な演奏とはこのこと。

この項も続く