肩ロースのベルギービール煮

カルボナードは,本来は牛肉で作るが,豚肩ロースで作る方が美味しいと思うのは私だけか。

1 材料
  ベルギービール 350~500ml(黒ビールで代用可能)
  豚肩ロース塊  200g~/名
  タマネギ  1個 (タマネギを1名宛半分を使う。)  新タマネギで作ると美味しくありません。
  ニンニク  1片
  イタリアンパセリ
  ビーフコンソメ もちろんフォン・ド・ヴォライユが作れるならそれでも。
  バルサミコ

2 作り方(はじめから圧力鍋を使った方が効率がよい)
  豚肩ロースを適当な大きさに切って塩こしょうして小麦粉を塗してオリーブオイルで焼き目をつける。
こつ
  「肉の色が変わるくらい」では足りなく,どこか一面がある程度茶褐色になるまで(酷く焦げてるという感じになってはいけない)焼くとよい。旨いものは体に悪いのだ(笑)
  出てきた油でタマネギを炒める。  塩少々を加える。
  タマネギが飴色になったら,ニンニクを加える。
  赤ワインを少し入れて鍋底の焦げをこそげ取る。
  肉と小麦粉(とろみを付けるため)を入れて少し炒める。
  そして,これに黒ビール&コンソメ&バルサミコ大2さじを入れて圧力鍋で煮込む。1時間程。
  圧が下がったら蓋を開けてそのままビールが少なくなりトロリとするまで煮込む。
  浮かんでいる油や浮かんでくるアク(油の酸化物)は捨てる。
  イタリアンパセリを散らして終わり
  
補遺
  ベルギービールがなければ黒ビールで代用可能。但し,日本には黒**とラベリングしている黒ビールでないものがあるので,ギネスの黒ビールを手に入れましょう。
  これにわさびをつけるという youbube への投稿があった。悪くない。
  以上,片手間で作れる。人の別荘に招かれた際,酒を飲みながらでも(笑)作れる。
  時々,不出来なモノができる。酒を飲みながら造るからか原因不明(苦笑)
  酔っていると,”シュックに少々のワインを入れて溶かす(デクラッセする)”,”アクを捨てる”などの基本が疎かになっている可能性がある。

  
  残り物のこいつに市販のカレールーを入れたら絶品のカレーができた(笑)。