☆ Faure  その1(笑)

歌の時代


私の音楽オタクの脳みそに「歌」が染み入ってきたのは比較的遅い。もちろん小~高校生の頃にLied(ドイツ歌曲)はだれでも嵌まるものだからこれは取り敢えず除く(「歌の時代」と題して Lied 除いてもいいのか^^;)。
それまでは,そもそも音楽に音以外の余計なもの(歌,歌詞)が入るのが嫌だったのである。お主も青臭かったな(笑)。
どうしようもなく歌に嵌まったのは30台後半である。文字通り,一日中 Faure のMelodies(「芸術歌曲」というジャンルに分類される)を聞きまくっていた。
なにせ彼は約60年の間に約100曲のメロディを作り,そのいずれもが駄作と言うべきものがないのだから聞きまくるには最高なのだ。
聞きまくっていたものは,言わずもがなの,スゼーおじさんとアメリンクおばさんがフランスで勲章をもらったあの全集(Gerard Souzay, Elly Ameling, Dalton Baldwin 1974)のことである。
もちろん音楽廃人であるから,あの曲(Apres Un Reve)はもちろん高校生のころから知ってはいた。

なお,この歌の演奏でインターネットには見るべきものが転がっていない。歌手の問題も当然あるが,piano がお粗末だったり(非常に多い)録音の問題や youtube への up 時に原音を粗くしている?などがあって聞きづらいものが多いのです。
少し邪道だがこてこてに Robert Meadmore が甘く歌うこれがまあ好きである。

器楽だとこれかな。
どちらも邪道です(笑)。

詩とメロディに相応しくささやくように歌う歌手が出てこないかしら。

Sabine Devieilhe, Alexandre Tharaud
と,書いていたら,最近,up されたふたりですがかなりよい。オペラ歌手なのに(笑)
このふたり本物 ですね。ザビーネはオペラ歌手から経歴を始めたのがまったくの誤り ですね(笑)。まあ,ソプラノだから少し軽い感じがするのは已むを得ないと思って CD をゲットしましたが,やはり軽い,歌の巧い女の子が歌っているという感じが終わりまで。フランス人が3.5の評価をしていますが,そんなもんかな。Melodies を歌うには精進(笑)が必要です。

原曲は最高音が F だから歌うこと自体は可能だった。一応ボーイソプラノだったから(ヘヘ)。但し,この曲は凡々たる高校生には手に負えない。単純な4分の3拍子だし(この曲って3拍子なんだよね。ここにも違和感が),刺繍音を意識すれば伴奏自体も難しくはない。高校生でも楽々弾けるだろう。

だが,歌えないじゃないか。簡単なと思っていたピアノの弾く和音に自分の歌が微妙に逢わない,外れるのだ。fluteで演奏しても気持ちが悪い。わたしゃこんな簡単な曲も吹けなかったっけ? youtubeに載っている flute の曲も少ない。あの伊達男,ノンあの名手のパユもおちゃらけたアレンジでしか吹いていない。
要するに,この曲は Baldwin が「壊れもの注意」と言う代物で美しく演奏するのは限りなく難しい。歌も p も集中していたるところすべてを徹底的に研ぎ澄ませねばならない。サイトにも研ぎ澄まされた演奏はなかなかない。
また,このメロディを平均律で歌っていては気持ちが悪くなると思うのは私だけだろうか。但し,40才近くなると何故かそれはどうでも良くなった,というか以上の天才3名の演奏により理想的な天国の調べを聞いているからなのではあるが。
平均率しか鳴せない楽器,笛なぞで吹いてみればその気持ち悪さはすぐ分かる。特にE♭が低くなりすぎる(但し,Eメカニズムも影響しているかもしれないが)。もちろん笛の名人なら音程を動かせるが。
なお,理由もよく分からず,高校生に歌えなかったフォーレの Melodies に嵌まったのは,30台からフォーレの室内楽にどっぷり嵌まっていたせいでもある。これだけ↓の室内楽を書くのであれば,ちょいと歌も聴いてやろうかなと。

例えば,

Piano Quartet No1 in C minor, Op.15
ロジェ & イザイの定番。但し録音状態よくない。CDもそうなの(;_;)です。

Piano Quartet No.2 in G minor, Op.45
同上

Piano Quintet No.1 in D minor, Op.89
ロジェ & イザイの定番が youtube で探せなかったと思ったら,スコア付きでありました。

Piano Quintet No.2 in C minor, Op.115
もちろんロジェ & イザイの合わせものである。

どの曲も文字通り,陶然とする調べである。フォーレにしか書けない曲ですね。音楽史家はなんというか知らないが,フォーレの前にフォーレなく,後にもフォーレなしでしょう。
それに駄作がない。確かに,彼の耳が悪くなった最晩年の曲には乗りにくいものがあるが,でも当方の寿命が尽きる頃には分かるようになるかも(笑)。
ドイツ系の室内楽に嵌まっていた耳からするとフォーレの室内楽は完全に異質である。そもそも聞いたときに,愕然と慌てるぐらいの衝撃を受けたのものである。多分,根っからの Faure おたくからすれば笑われるほど遅すぎる開眼ではあった。1989年には既に日本フォーレ協会が結成されていますしね。
それが嵩じて,国内のフォーレの演奏会にもしばしば出かけるようになった。当時は,バブルが崩壊した後だったので,まともな演奏家を海外から招聘できなかった頃である。それ故か,どこでも酷い演奏だった。これで日本人にはフォーレは歌えない,弾けないのだと分かった(苦笑)。本当に酷かった。フォーレの歌をオペラのアリアのように歌う歌手がいたのには呆れた。音大の教授である器楽の高名な演奏家の演奏も聴けたのものではなかった。
そして,Faure がきっかけになって我が「歌の時代」(笑)は幕を開け,今も続いている。

下らない自分史はともかくく,彼の歌を並べてみよう。
全曲を並べられないのが残念。

Nell Op.18-1
初期の名作 雲雀が空へ高く飛び上がるような華やかな歌だ。全然違うか(笑)

Les berceaux
Gerard Souzay

初期終わり頃の名作
スゼーの名演
その後のフランスの後輩たちの舟歌のお手本になっているような。
名作々と書いていくと全部が名作になってしまうのが Faure だ。駄作がほとんどない。

Il pleure dans mon coeur
スゼーの名演
フォーレ中期の傑作
これが一番好きな曲だろうかな。
歌詞は堀内大學の訳で有名なヴェルレーヌの「巷に雨が降るごとく」である。p のアルペジオが堪らなくよい。大學先生の訳が古めかしくてピンとこなく自分でフランス語の辞書を片手に訳文まで書いてみた(苦笑)。「街に雨が降るように,我が心に雨が降る」というありふれた訳になっただけだ。
スゼーの演奏は素晴らしいが youtube の録音はどれもいまいち。

Tristesse   春愁
Gerard Souzay
春になるとこの詩を想い出す。憂いと哀しみと。

Les roses d’Ispahan, Op. 39 No. 4
アメリンクおばさんの名演
これもいい! 柔らかな曲だ。中期の傑作でしょう。50年くらい歳を取ると良さが分かる曲である(苦笑)
但し,初期の頃の曲と違って益々歌いづらい。一所懸命さが分かるように歌ってはならないし(笑)。

と言いながら,現在ではフォーレはあまり聞かなくなってしまった。Spleen などを聞いているとひたすら哀しみに付きまとわれるから。

私の下らない説明より,先に書いた

Gerard Souzay, Elly Ameling, Dalton Baldwin 1974

を手に入れてくだされ。以上の引用の曲の piano はほとんど全部ボールドウィンだ。

フォーレの愛娘?
☆Lili Boulanger

別稿で,ナディア・ブーランジェのことを書きましたが,その妹で24才で早世した童顔のとんでも天才がいました。音楽一家の生まれで,ピアノ,ヴァイオリン,チェロ,ハープの初見演奏を得意とし,4歳の時から姉にくっつきパリ音楽院の講座にもぐり込み,19才で Faust et Helene でローマ大賞を受賞したという娘です。
将に,長生きしていれば私好みの作曲家になったのにと誠に残念です。

Reflets
Maria Riccarda Wesseling, mezzo-soprano
Pianist: Nathalie Dang
という歌の名品も残しています。幼い頃から死を意識するほど病弱なためか,風変わりでロマンチックな風と冥界からの風が合わさって緑野を吹き渡るような曲を書きました。私の表現が誠にお粗末(^^)ですが名曲です。特に,4小節から6小節までが和音の動きと歌のからみが美しい。歌うのは難しいでしょうが。

フォーレも彼女の父(パリ音楽院の教師)と親交があり,小さい頃から彼女を可愛がり,自作の曲を彼女の家に持ち込んで演奏させたり,また,この9歳の娘がフォーレを歌うとか,彼女の父親が亡くなってからは,彼女たちの父親代わりもしたようですね。フォーレを父親代わりにしていたとはとんでも音楽環境ですね。この曲にもフォーレのメロディの匂いや色彩感がほんのりと香るように感ずるのは私だけでしょうか。
お鬚の天才も,女を口説くばかりでなく(^^),立派な天才児教育もしていたようです。

大編成の曲ではなく,以下のような piano 又は,piano & vocal の組み合わせの小さな曲に彼女の美質があるように思えます。若死にしたのが誠に残念
Prélude en Ré♭
Pianist: Moisès Fernández Via

Nocturne pour violon et piano (1911)
Savitri Grier (violin)
Richard Uttley (piano)
うーん,この調性豊かな曲なんか現代の作曲スタイルに通じますね。この曲は,Vn よりも横笛の方が似合いそうと思っていたら我が邦の方で立派な演奏するフルーティストがいました。

その他

その他と言ってはいけない曲ばかりだが,フォーレに味を占めてフランスの同系の歌曲を聴くようになった。

☆ Duparc
Chanson triste
Jessye Norman がいい味を醸している。これもボールドウィンの伴奏。この方はリリカルな曲を良く歌いますし,しかも感心させられる。但し,見た目と曲のイメージが全然違うんだな(笑),などと書くとノーマンのファンから殺されるかもしれない(笑)。

L’invitation au voyage
Gerard Souzay  やはりフランスものはこの人を外せない。但し,piano は気に入らない,全然気に入らない。

フランクの弟子であったデュパルクは,30代に精神的な病から筆を折ってしまうという誠に残念なこと(本当にそう思う。)になってしまうが,彼の残した20曲にも満たないメロディは永遠に残るでしょうね。

Phidyle
Wallis Giunta
Giuntaの歌う Duparc の曲は,youtubeではもう1曲しか探せなかったが,これが一番,彼女のよいところ(明晰さと若い女性の艶)が出ていると思う。

Elegie
指摘するまでもなくスゼー & Baldwin

こうやって挙げていくと彼も全曲を挙げそうになる(苦笑)。
なお,リンクが張ってない曲はピンとくる youtube がないからです。
お好きな歌手で デュパルク を全部聞いてください。非常にお勧めです。

☆ Reynaldo Hahn
結構好きです。この時代の曲(フォーレより40才若い)のくせに歌いやすいから(笑)。
彼が書いた曲全部は聴いておりませんが,以下は好きですね。

Venezia, La Barcheta
Gerard Souzay やはりこの方です。piano はボールドウィンですね。
ピアノパートをそのうち guiter 用に編曲しましょう。小さな船に乗って guter の伴奏で歌うこそ合いそうな曲です。

Si mes vers avaient des ailes
Susan Graham
Roger Vignoles;piano
ねっ,歌いやすいでしょう(笑)。但し,ハーンも勘違いしてオペラのアリアのように歌わないこと。
スーザンは,ハーンがお好きのようですね。

Le rossignol des lilas
Susan Graham
Roger Vignoles;piano

A Chloris
Susan Graham
Roger Vignoles;piano

L’heure exquise
Anne Sofie von Otter
Bengt Forsberg;Piano
アンネ・ソフィー先生も歌ってますね。わたしゃ,ソフィー先生の歌が大好きなんですが,でも Hanh は少し違和感があるかも。

Neere
Veronique Gens
Susan Manoff;piano
おっとこの曲を忘れるところ。
ベロニクは巧いな。piano も良いな。

L’Énamourée

Susan Graham
Roger Vignoles;piano

「恋せよ乙女」でしょうか,それとも「黄泉から蘇れ我が妹よ」かな?

うっとりするようないい曲です。

Hahn の piano の使い方に独特なものがありますね。vocal と piano が別の歌を歌っているような合わせ方といいましょうか。

Quand la nuit n’est pas étoilée

Susan Graham
Roger Vignoles;piano

歌の時代は,「その1」という題名どおり(笑),まだまだ,フランスの歌の作曲者が続きます。