ふるさと 月寒

記憶もはっきりしない4才時に札幌の月寒から父の転勤で松戸に転居したというのに何故か札幌が懐かしい。
最近,私が三歳の頃に撮影されたビデオを見つけた。
確かに父親が残した写真にはそっくりな風景が残っている。
その頃は札幌も大雪が降ることがあったようで雪の重みで潰れた家屋の写真なども残っている。

もっと古いビデオというより映画写真がNHKにあった。
北海道の昔 1,大正末期 ~ 昭和初期とある。
父親が生まれた頃だから,まだ彼は士別に居た。

なお,記憶はほとんどないが,寒い地方を訪れると懐かしく感じるのはそのせいかと。

閑話

□ ルーツ探し
北海道人はルーツ探しをする者が多い。ほとんどが明治時代に北海道へ遠隔地から入植した者を祖先にするからだ。
私も,大学生の頃,父に頼まれて戸籍を辿ったことがある。
家系簿業者という生業があるが,ご依頼があれば戸籍を辿るくらいはやりますよ。弁護士にやらせるとちょっと高いかもしれないが(笑)。

私の生まれは,札幌市豊平区月寒という今でこそそこそこの地であるが,生まれた頃の写真を見る限りでは開拓部落に毛が生えた程度(笑)であり,父と祖父は上川郡多寄村(現在の士別市,名寄市の南方)生まれである。

NHK「日本 映像の20世紀」 北海道 前編
古い士別の映像がここにあった。
但し、原生林を切り開いた先祖がいたとは聞いたことがない。

曾祖父長作が,明治29年6月に,北海道へ入植した地は,雨竜郡雨竜村蜂須賀農場 (%1) であり,そこは蜂須賀家のお殿様(蜂須賀茂韶)が地主であったようだ。それから明治39年に士別へ転居した理由は伝わっていないが(なお,明治32年が最後の屯田兵の入植と言われ,33年に鉄道が引かれている。明治37年には水害で痛めつけられた奈良県吉野郡から大規模な入植があったという。)蜂須賀牧場は,大正9年から大規模な小作争議が行われたことをみると,地主の小作人に対する収奪に嫌気がさしたのかもしれない。
「士別の水と土と心」を参照。
%1 学生の頃は,雨竜郡の暑寒別岳に登ったり,雨竜沼湿原に憧れていたからなんらかの影響があるのかも。

そして,曾祖父は,戸籍によれば,富山市の東砺波郡利賀村大字九里ヶ當脇谷で生まれている。五箇山の山一つ越えた東方といえばなんとなく地理が分かっていただけるだろうか。
嘗て,「裁判手形法」を著した坂井芳雄弁護士と仕事がらみで他の者たちと夕食をご一緒した際(此方は若造である),坂井先生も富山県出身と聞いて,気安く私の本家は東砺波郡利賀村脇谷だとやったら「利賀村あ,そんなど田舎は知らん」と口の悪い先生に言われたものである(笑)。

そんなど田舎は,庄内峡沿いの大牧温泉(船でしか行けない温泉で有名)の大分手前の分岐を右岸に沿って南下し,途中で西(北?)の山へ分け入って行くとんでもない秘境である。Googleマップでも「脇谷の清水」という場所が見当たるところのさらなる山中である。
youtube に up されていた国道471号線の映像に「脇谷の清水」が写されているが,この更に北方の山の中である。この映像を見ればとんでも秘境であることが分かる。この国道のどこから車で北側に分け入ったかは記憶が曖昧であるが,「神明宮」の近くではなかろうかと思う。
そして,約50年前の大学生が父に命ぜられて同行し,たどり着いた部落は,かやぶき屋根の傾いた誰もいない廃村と化していた。ある廃村巡りサイト(「村陰弥太郎の集落紀行」)によれば,大字栗当(=九里當)の無人化は昭和54年だそうであるが,我々が赴いたのが昭和48年ころのことだから他に住んでいた住人がいたかもしれないがそのような気配はまったくなかった。

しかたがないので山から下って,麓の雑貨屋で駄目元で脇谷部落に居た**家の現在を尋ねたら麓の部落に**家があるというのであった。
尋ね当てた**家では,最初,我々北海道の分家の存在については疑われ(だいたい我々は藤本姓ですし)その後,お年寄りが戻ってきたところ,父の顔をみて,ああ,誰それにそっくりだという話になり,なんとか疑念を解いてくれたものである。その後に聞けば,前年,親戚を名乗った男に金をだまし取られたということもあって疑われたらしい。オレオレ詐欺の源流か(笑)。この本家の長男氏は,上京し武蔵野の市長となっていた。

閑話
冬の利賀村は大雪のようですね。でも,利賀村のパウダースノーって有名なんですね。
近けりゃ行くのに(笑)。でも,戸隠辺りのスキー場の雪の雰囲気↑が似てる。大人になってから初めてスキー靴を履いたのは戸隠辺りでしたが,ホントにパウダースノーなのかな(笑)。いや,ここには一度行ったきりですので記憶が曖昧です。その後は車山高原スキー場の斜度38度のスロープばかりを滑ってました。ここのこぶは制覇できなかったな。

戻る
なお,宿泊させてもらって本家を見学させてもらったが,1部屋全部が仏間の部屋があり,その北面全部が観音開きの仏壇というより須弥壇になっていたのには驚いた。さすがは,富山は仏教圏で有名な地だと感心したのと同時に北陸から入植する者が多かった北海道の寺の立派なことや葬儀も大仰であること(%1)にも得心がいった。

%1 昭和59年には札幌市の北の方に巨大な斎場ができて,焼き場も遙か向こうまで順番を待つ棺がならぶようなところで,「焼き上がり」も館内放送されるというように風情もへったくれもなくなったが,それまでの月寒の斎場は,焼き場が露天にあり,坊さんの読経も冬を除けば炉の前の屋外で行われたから,10月頃の葬儀に千葉から参加した子供(私)は非常に寒い思いをした。
そして「焼き上がる」_言葉使いが露骨です(笑)_までは,だるまストーブのある小部屋で男たちはスルメなどを焼きながら酒なんぞを飲んで待っていたなど昔の北海道はこんなものなのかと思わされたものである。
また,寺も相当に大きくその本堂も内地では考えられないほど広く,通夜ともなれば,多数の親戚縁者が道内各地から集まり,夜ともなれば,本堂の周りには女子供が寝る布団が敷かれ中央では男たちが酒を飲み交わし,時々仏に声をかけに寝棺まで参るという具合に,暖かくしめやかな通夜が文字通り朝まで続くというようなことが普通にあった(今もそうである)。

利賀村からの帰りは,開通前後の乗鞍スカイライン経由だった(と思う)。50年くらい前の車には大変難儀な道だった。なんどもオーバーヒート防止のためにボンネットを開けてエンジンを冷やし冷やし上ったものである。
また,頂上近くには濃い霧が出ていて,私が車の前を走ってナビゲートをしたものである。スカイラインとは名ばかりな道であった。面白かったが。